本文へ移動

グループホームあゆみ

グループホームあゆみについて

グループホームあゆみ
グループホームあゆみは、天神・南原・里山に3棟を構え、男女合わせて25名が生活できるようになっています。
円滑な共同生活のための最低限のルールは取り決めております が、ほとんどは各人の経済的、身体的、社会的状況や希望に応じた個別対応です。
「危険の排除」や「予防線での包囲」はあまりせず、“誰もが地域生活する中 で経験することは、グループホームに入居される方でも経験する機会を”という支援方針で行なっています。
知的障がい・精神障がい身体障がいのある方々の「自己決定」 「自己選択」は、時に問題も伴います。 それでも、ご本人達に「主体的に生きている」と感じていただけるような支援を模索しながら、日々皆様と共に在ることを大切にしております。
  令和元年10月1日から、グループホーム里山では日中サービス支援型共同生活援助事業をスタートしています。職員が24時間体制で常駐し、安全に安心して暮らせる場所となるよう努めていきます。
 

スライドショー

サービスのご案内

グループホームあゆみ
■ご利用対象者
生活介護や就労継続支援等の日中活動を利用している障害者であって、地域において自立した日常生活を営む上で、食事や入浴等の介護や日常生活上の支援を必要とする者
 
  • 障害支援区分2以上(区分なしの方もご相談に応じます)

サービス内容

グループホームあゆみ

主として夜間において、共同生活を営むべき住居において行う以下のサービス
 
  • 入浴、排せつ又は食事等の介護
  • 調理、洗濯又は掃除等の家事
  • 生活等に関する相談又は助言
  • 就労先その他関係機関との連絡その他の日常生活上の支援
ご入居までの流れ
一日の生活の流れ
年間行事
TOPへ戻る